梅酒と泪とコナンとルパン

まだあたしが2~3歳の頃、親の話によると、よく動き回り悪さをし怒られることが多かったそうなのだが(当時の兄の絵日記に「また(み)ちゃんが○○を壊して怒られた」というくだりがあるので信じるしかない)、ある時期怒られそうになるとあせって「あのねっ、あのねっ、いまテレビでルパンと一休さんやってたで!」と口走ったという。もちろん毎回そんなタイミングよくやってるわけない。子ども心にそう言うと怒気が逸れると思ったのだろう。実際、その必死かつ無茶な言い訳を聞くと噴出してしまい怒れなくなったというから作戦は成功していたのだろう。
前置きが長い? 梅酒のブログじゃないのか? 確かにそうなんですけどね。

 
というわけで、今回ご紹介するのは、和歌山に名高い酒蔵「名手酒造」の梅酒。
名手酒造でピンとこない人も「黒牛」という銘柄は聞き覚えがあるのでは?
すっきりとした飲み口で、県内外にファンの多いこの日本酒。そんな「黒牛」で仕込んだ梅酒は以前からある。が、実は蔵で梅から仕込んだ梅酒というのは今年誕生したこの1本だけなのですよ! 決してスーパーにもお土産物屋さんにもございません。名手酒造さんでのみ買えるこの貴重な1本を、漆器まつりに訪れた際に発見! なんか運命感じて即購入(´∀`*)★ そんな「黒牛梅酒 純米吟醸仕上げ」です。

黒牛1

というわけで、いつ開けるかを考えながら、流行語大賞にもなった今でしょ!と言いたいのをぐっとくらえ…、ついに開ける日がやってきた。といって別にこの日にしよう!というのでもないんだけど、まぁ飲んでみよ♪となったその日、テレビを付けるとやってきたのが、在りし日の思い出にもなっているルパンと平成のヒーロー、名探偵コナンとのコラボ作品。なにやらこの2大ヒーローの共演映画が始まるってんで、昨夜はその前哨戦として以前作られたテレビ版の「ルパンVSコナン」が放送されていたらしい。和歌山のヒーロー(!?)「黒牛」の梅酒にも似つかわしいじゃぁないか!というわけで、ルパンとコナンを肴に黒牛梅酒をちびちびとやってたわけでして。

黒牛2黒牛3

この梅酒、ベースの黒牛に違わず、すっきり系の味わいで、しつこさがない。
見た目(ラベルやボトル)もクールなように、前回の女子会向けとはけっこう対極のところにいるかもしれない。今回は食後酒にしたけど、食事にも合うだろうな。さすが人気の黒牛(しかも純米吟醸!)仕上げとあって、かなり梅酒としてのクオリティも高い気がする。
番組終盤、ルパンとコナンが2人で話すシーンがある。ついつい3ショットで撮っちゃったよ。いやぁルパンとコナンと黒牛梅酒! なんてクールかつファンタジックな絵面!(笑) まだ生まれたてのこの梅酒、ぜひともこの2大ヒーローのように永く愛されて欲しいものです。

黒牛4

 

コメントをどうぞ

Comments are closed.