新年は自分も梅酒も甘くなく。

アガサス梅酒プロジェクトからこっち、すっかり更新をなまけてしまっておりました。
こんなんで梅酒好きを名乗るなかれ! と反省。
2013年も明けてはや3週間と少し(月日の流れのなんたる早いこと!)。
ちょっと遅ればせながら、今年はしっかり梅酒情報をお届けするぞ、と誓ってみる。
どうぞ生温かく見守ってくださいませ。

そんな新年最初のご紹介はこれ。
「鶴梅 すっぱい」。
これ、梅酒を飲み始めたころにけっこう衝撃を受けた品でして、
初心を思い出すにはちょうどよいかとチョイスしてみたよ。

すっぱい

以前、「古鶴梅」でご紹介した海南にある平和酒造さんのお酒で、
「ロハスから生まれた梅酒」をキャッチフレーズに、
完熟特有のフルーティな香りを特徴とした「鶴梅」シリーズのひとつ。
他にも「完熟」や「にごり梅」、「ゆず」「夏みかん」などシリーズにはいろんなラインナップが出ております。

で、ここ肝心。何が違うのかというと、梅酒って梅のエキスを抽出するために糖類をたっぷり入れるんですよね。
だから普通に作ると甘~い(ともすれば甘ったるい)味になっちゃうのだけど、
これは名前通り「すっぱい」。

すっぱい3

もちろん甘さはあるけれど、同じシリーズの「完熟」と飲み比べるとそのスッキリ感は格段に違うことに驚かされる。
どうやってこの味を出すのかと言うと、通常よりも3~4倍の梅を贅沢に使い、梅味を濃厚に引き出しているのだ。
ベースは日本酒。マイルドな日本酒の風味と梅の強い酸味が生み出す濃厚な味ったら!!
ほんとちょっと感動モノですよ!

県外への手土産に何度か「完熟」とこの「すっぱい」をセットで持っていたのだけど、
かなり喜んでもらったし、味の違いに驚いてもらった。
緑茶やフルーツなどでの違いじゃなくて、
梅だけのストレートな味でこんなにも差が出ることを最初に教えてもらった1本。
ぜひとも機会あらばお試しあれ。

すっぱい2
(スポンジみたいなふわふわ素材の鶴梅ロゴがかなりかわいい!! これもポイント高し、です)

ちなみに「にごり梅」も入れた3種で飲み比べるとまた幅が広がるはず。

「鶴梅 すっぱい」
平和酒造 株式会社
海南市溝ノ口119
073・487・0189
容量:720ml
参考価格:1313円
アルコール度数:11度