[ Archives ]

大箸二世

The following posts on 和歌山ラーメンガチンコリレーコラム were published in the 大箸二世 category.

第87回 日々これにて麺三昧。中心屋ちゃんぽんがダイビングキャッチした!

パーフェクトとか、劇的サヨナラとか、そう思えば、あの場面のファインプレーがあったらからなんてこともしばしば。
例えば、二死ランナーなしサードゴロ万事休す~で、堂林大暴投にて、次の打者サヨナラツーランとか。
そうか [...]

 Read    No Comments

第81回 蕎麦という名のもとに

浜田省吾が唯一タイアップしたと言っても過言ではないドラマ「愛という名のものに」。
全12話のタイトルの中にも「いつわりの日々」など曲名が使われていましたね。
石橋保よかったなあ~って、そんなん知らんわい。
ささあ~内原に [...]

 Read    No Comments

第79話 真じる者はスクワレル、byリス。

弊社引越しして、舟津町から、本町4丁目へと。
本町と言っても、北の端っこなので、元寺町も近く。
その新事務所から徒歩数分の場所に、中華そば屋「真」がオップンしているではないか。
いえ、元々そこにあったけど、リニューアルし [...]

 Read    No Comments

第78話 激辛発覚!台湾ラーメンは名古屋発だった!

とある日のランチ明け。
いつもの店「弥山」でマスターが、「麺遊詩人の大箸くん、台湾ラーメンって、知ってる?」
私「あの透明なスープのやつですよね?」(テキトー)
マスター「いや、真っ赤だけど」
私(真っ赤になって)「あ~ [...]

 Read    No Comments

第70回 冷やしラーメンなるアイスべき麺があったのか!

さて、このコーナー二度目の登場、宮前の中華料理店「弥山」。
マスターの類稀なる創作意欲にそそられて、再登場となったわけです。
夏といえば、甲子園。
甲子園といえば野球、野球といえばタイムリー。
タイムリーと言えば、冷やし [...]

 Read    No Comments

第64回世界のらーめん、味千のパイクー麺

千鳥がいう、癖がスゴイはおもしろい。
は、さておき
パイクー麺とは、なんぞや。
コメリ内にできた熊本豚骨 世界のらーめん 味千らーめん。
パイクーは名物の豚角のことらしいが、
なんこつまでとなりのトロトロでうまい。
また [...]

 Read    No Comments

第62回まじ腰抜かした「300円」ラーメンの真実

最近の高レートラーメン(値段が高いという意味)現象に、少し辟易していたこの頃。
もちろん、材料費もかかるし、旨味を出すためには手間もかかる。
しかし、なんとか企業努力にて、1杯600円までが望ましく、できれば500円であ [...]

 Read    No Comments

第59話 ああ、野麦ラーメン峠越え

かつらぎ町にある「まるむか」。
ここの「太陽のトマト麺」に心惹かれ、和歌山より参上。
変わり麺っていろいろけれど、多少ラーメンの原型が残っていますよね。
これは伊です、パスタです、ゲッティです。
僕は名付けた君のことを、 [...]

 Read    No Comments

第53回 太田「敦煌」のうまうま広東麺&酢~いれますか

「スゥ~入れますか」
私の信頼できる食のアドバイザーKのEさん(誰やねん)のおススメ店「敦煌」。中華料理店。黒田にあるプライスカット駐車場の横にある小さな店らしい。住所で言うと田中口とか太田になるのかな。

ここの広 [...]

 Read    No Comments

第51回 大松ラーメン探訪。~其ノ一

第51回 大松ラーメン探訪~其ノ一
大 「そうかもう50回を過ぎたか。ラーメン・中華そば&いろんな麺食ったね」
松 「2年近くやってるのに、まだ50回かよ! というお叱りの声もちらほら(苦笑)。
それに『ガチラー』という [...]

 Read    No Comments