第88回 暴れ牛、暴れ馬、暴れ豚、暴れドリ!

Author
Posted by matsumoto at 7:07 PM JST
Category
Filed under オー麺TANAKA
Keywords
Tagged with ,

あー、暴れてるね、暴れてる。みんな普段おとなしい動物なのに。
暴れ虎とか暴れ龍とか暴れん坊将軍とか普段から暴れてる奴らより、暴れたら恐いよね。
暴れてもたかが知れてる、オー麺TANAKAです。

行ってきました、土屋商店。
梅原にある暴豚製麺所と同じようなあしらいの看板が目を引くこちら。
噂では、系列店だそうで麺は同じところで作っているらしい。
暴れる豚の次は、暴れる鶏か。
こってりてりてりが出てくるのかな~、と期待しつつ店内のメニューをチェック。
特製まぜそば。
気になる。気になるよ。というわけで、メインの中華そばは編集長に頼んでもらい、迷わずオーダー。

太麺にメンマ、チャーシュー、つやつやの生卵がのったほぼ汁ナシ麺が、どん!
底にたまった濃縮スープと卵をまぜまぜ、すする。

醤油ベースの鶏ガラ、魚介。後半になるほどスープと絡み、味が濃くなっていく。ご飯が欲しい、できれば昔話盛りで。
いや、うまし。まぜそば頼んで正解でした。

中華そばもスープの色合いから醤油ガツンとくるかと思いきや柔らかな仕上がりでするするいける。
ツンデレな鶏だな、こいつは。
中華そばは太麺、細麺選べて、細麺は女の人も好きそう。

「まぜそばはニンニク入れて大丈夫ですか?」の質問は暴豚を思い出させる言葉でした。

それにしても、最近はいろんなテイストの店が出店し始めて、和歌山のラーメン活発化してきてる。
新時代のうねりやな~、ワンピースやな~、暴れ出すな~。
というわけで、今日もごちそうさまでした。