第83回 ジブリで言えば、トトロより紅の豚派

Author
Posted by matsumoto at 4:36 PM JST
Category
Filed under オー麺TANAKA
Keywords
Tagged with ,

最近流行のギャル語「激おこぷんぷん丸」の最上級「げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」
オカンが使ってきたら「ムカ着火ファイヤー」で返そう。オー麺TANAKAです。

というわけで、パームシティ前こくまろ跡地にできた『炎次郎』に行ってきた。
TIMの炎も見なくなってきたな~。

でかでかと「ガッツ系」、「いぶし銀系」と謳う表の看板を眺めて並ぶこと10分。
燃える闘麺としてはガッツ系の濃旨豚骨に走りたいが、いぶし銀のあっさり塩も捨てがたい。
結局、いぶし銀という言葉の魅力にあっさり負けて「炎次郎あっさり塩スペシャル」を注文。
野球で言えば、長嶋茂雄よりノムさん。ジブリで言えば、トトロより紅の豚。


麺はちょい固、ちょい細。
スープは鶏骨、鰹節粉の効いたあっさり。
具材はチャーシュー、玉子にねぎのりめんま。

でしゃばりすぎない節粉の風味に久石譲の曲のような優しいスープに思わず替え玉注文。

炎次郎といえばやはり、丼一杯にこれでもかと敷き詰められた帯広豚丼。
腹の具合から頼まなかったが、秘伝のタレの香りといい具合に焼き色のついた豚肉が周りでちらちら。

あ~、次は絶対に頼もう、紅の豚丼。

風立ちぬに豚ちらっとでも出てこんかな。
と、思い広がる炎次郎。