第70回 冷やしラーメンなるアイスべき麺があったのか!

Author
Posted by ohashi at 11:09 AM JST
Category
Filed under 大箸二世
Keywords
Tagged with , ,

さて、このコーナー二度目の登場、宮前の中華料理店「弥山」。
マスターの類稀なる創作意欲にそそられて、再登場となったわけです。

夏といえば、甲子園。

甲子園といえば野球、野球といえばタイムリー。

タイムリーと言えば、冷やし中華。冷やし中華なら普通じゃん!

普通じゃん!なら書かないよ。書かないよじゃないよ、冷やしラーメン!

さてさて、いつも枕詞はこのへんに、普通の麺は書かないこのコーナー。
少し前にゆずラーメンなる新作も登場したが、いまいち筆は動かなかった。

しかしこの冷やしラーメン。ネーミングはベタ目であるが、
ポテンシャルはチューブで例えるなら、ベストセラーサマーなのである。
♪じゃんじゃん魂燃やして~なのである。

スープ。
弥山の300円スッキリらーめんのスープを、
漉して漉して越していくほど漉して、
バランスを整え、加藤浩次以上のスッキリ感を出すことに成功したのである。
ちめたいラーメンスープなんてどうやったら美味しくできるのか、
想像もできないと思ったが、ヤラレターのである。こりゃラブレター出しますよ。

麺は冷たいことで細麺ながらモチモチ感をさらにパワーアップ。
なんぼでもいける感覚だ。

マスターは去年考案した際、夏中毎日食べていたそうです。
そういえばちょっと小池さんに似てきたような。

さあ、騙さレターと思って食うのだ。
シンプルだけど普通じゃない。
ラーメンスープがヒエヒエなんてワクワクしないかい?


冷やし中華ではないからね!
正式名称は「冷たい弥山ラーメン」
夏の間、ランチで餃子・ライス付きで600円でやっている。
スープ都合により毎日数量限定です。