第43回 有田からの挑戦状 後編

Author
Posted by matsumoto at 9:08 PM JST
Category
Filed under 松本マサキ
Keywords
Tagged with , , , ,

(有田市『清乃』さんでの試食つづき)

まだ鶏パイタンが半分ほど残っているのに、

次なる刺客、しかもつけ麺とは!

麺が乾かないうちに、再びカメラを構える。

メニュー名は「つけ麺」。

麺は全粒粉を使った全粒麺。

全粒粉というのは、小麦の皮、胚芽など全てを粉にしたもの。

まずは麺だけ食べたのだが、風味が豊かに感じる。

歯ごたえはハードなくらい固め。

これはつけ汁と合わせるためのものだろう。

スープのベースは鶏パイタンと同じものだが、

つけ麺用に手を入れている。こちらも文句なくうまい。

こんなん身近に食べられるなんて、

有田のラーメンファンが羨ましい。

…羨ましいのだが、

ここから荒行が始まった。

つけ麺を食べ始めると、鶏パイタンがおざなりになり、

鶏パイタンの面倒をみると、つけ麺が…。

ご主人が厨房に消えた間に、

鶏パイタンを一気に完食。

いつもならスープまで完飲するのだが、

ペース配分を考えると、ここで頑張っては

ゴールできない(大げさな)。

しかし普段なら2杯食べるのなんて大丈夫なのだが、

食べても食べても減らないような。

これがつけ麺マジックか?

すると御主人曰く「つけ麺は大ですから」。

なに~!!

試食なのに麺増量を出すか~!

しかも二杯目なのに!

これはご主人の遊び心か、はたまた挑戦状か。

結局、つけ麺は半分ほど残させてもらった。

悔しいっす!!(ザブングル風)

それにしても、ご主人のラーメンに対する想いというか、

研究熱心さには頭が下がる。

う~ん、勉強させてもらいました。

どちらのラーメンも、

お店でオーダーできるそうなので、

ぜひ食べてみてください。

麺の量はフツーにオーダーすれば、

ノーマルで出してくれると思います(笑)。