第42回 有田からの挑戦状 前編

Author
Posted by matsumoto at 8:40 AM JST
Category
Filed under 松本マサキ
Keywords
Tagged with , ,

アガサス6月号の取材で有田市の和食店『清乃』さんに

アポイントの電話を入れた時のこと。

すると電話口の向こうから、ご主人と思しき方が

「ラーメンコラムの松本さんですか? だったらお昼は食べずに来てください」ときた。

この時からうっすらラーメンが出てくるのかな、

と察しはついていたのだが、まさかあんな展開になろうとは予想だにしなかった。

ここのお店は、実は有田川町にあるラーメン店『月乃家』の生みの親だ。

本題である肉料理の写真撮影をスピーディーに済ませ、

(手を抜いているわけではない)

まさにカメラを片付けようとした瞬間、一杯のラーメンが運ばれてきた。

ご主人に了解をとって、資料用にパチリ。ありがたいことに「食べてください」。

これは「鶏パイタン」。鶏などに魚介を合わせたスープは、

口当たりまろやかで、和風らしい繊細な風味。

太麺のチョイスがこれまた絶妙で、やや押し気味のスープに負けずに

しっとり絡んでくる。ちなみに丸っこい白い具材は、うずらの玉子。

これは和歌山では食えんよなぁとおいしくズルズルいわせていた。

するとご主人がもう一杯のラーメンを持って、

厨房の奥から現れた。(つづく)