第41回 うまか博多ラーメンとは?

Author
Posted by matsumoto at 6:18 PM JST
Category
Filed under 松本マサキ
Keywords
Tagged with , , , , , , ,

和歌山市の毛見トンネル近くにあった
京都ラーメン店が閉店し、
新たに博多ラーメンがオープンしていたので、
早速、行ってきた。

博多ラーメンといえば、
NHK-FMでお世話になっている
福岡生まれの大野克郎アナウンサーが一家言を持っている。

「博多ラーメンはおやつである」

もちろん私見だけど、というのを前提にしたコメントで、
今ほどグルメな世の中ではない、ほんのちょっと昔。

子どもでも気軽にお金を出して食べられるような、
いわば東京下町の一銭洋食のような立ち位置で、
イマドキなサイドメニューとしての明太子ごはんも、高菜チャーシュー丼も、
地元民としては考えられないんだよ、ぼかぁ。
とおっしゃっていたのを思い出した。

いろいろトッピングがのった和歌山の中華そばは邪道やんかと
つぶやくオールドファンとちょっと似ている。
まぁそういう年代なんでしょうね、お互い(笑)

さて「博多ラーメン」新店のお話。
『博多麺王』というおそらくチェーン店で、
さすがにオープン間もないタイミングとあって、
サラリーマンを中心に満席であった。

ラインナップは基本のラーメンを先頭に、
店のオススメである自家製マ-油入りの黒ラーメンと
コチュジャンベース赤ラーメンが主力ラインで、
トッピングのネギや全部のせといったバリエーションメニューが並ぶ。

ランチタイムにラーメンをオーダーすると、
希望者には白ごはんが付くというサービスは、
男性陣にとっては嬉しい話。嗚呼、青春のラーメンライス。

自分はポリシーを守って基本のラーメンと半チャン。
(き)さんは黒ラーメンをオーダー。

ノーマルのラーメンは、いたずらに濃厚でないスープに
好感が持てたというか、すっきりと飲めるけど、
深みがあって、個人的には合格点。

サービスの辛子高菜とちょい甘めのショウガを浮かべると、
スープの旨味がより引き立ってこれまたうまい。

黒ラーメンもちょっと食べさせてもらった。

これもおいしい! マ-油というのは、ニンニクを揚げ、
その残り香を含んだ油のことらしいんだけど、
じんわりその旨味が舌に胃袋に染み渡った。
マ-油おそるべし。

これまで操を守って(いるわけでもないけど)
浮気はしなかったけど、
たまにヨソの土地のラーメンを食べたら、
おいしく感じちゃうんだよなぁ。

味覚の開国というか、ね。

ライオン丸?