agasus PLUS!:有限会社アガサス オフィシャルサイトagasus PLUS!:有限会社アガサス オフィシャルサイト

ヘッドブロックバナー 古民家散歩 弐

HOME > イベント > 観るものをとりこにするチェコと日本のアートアニメーション

イベント

観るものをとりこにするチェコと日本のアートアニメーション

海南まちなか映像祭

不思議でどこか懐かしいチェコと日本のアニメーションを贈る海南まちなか映像祭が海南市民会館で開かれる。11時から上映を開始する親子向けプログラムでは、チェコセレクションよりポヤル&シュチェパーネクの「ふしぎな庭シリーズ 広がる霧」、チェコの国民的キャラクターであるズデネック・ミレル『クルテク』もぐらくんシリーズを。日本セレクションからは世界初となる世界4大アニメーション映画祭すべてでのグランプリ受賞経歴を持つ、山村浩二の作品集。「カロとピヨブプト」、「バベルの本」、「どっちにする?」などを含んだ全5作品を予定している。12時30分からのゲストトーク&ミニ上映にはanimation soupからアニメーション作家のヨシムラエリ、山登恭子を迎える。後半、14時から始まる大人向けプログラムには、「ふしぎな庭シリーズ動物がすきな男」、イヴァンランクの「剣の結末」、「オートマティック」などチェコセレクションより5タイトル。山村浩二作品は、アヌシー、ザグレブなど世界の主要アニメーション映画祭で6つのグランプリを受賞し、第75回アカデミー賞にノミネートされた「頭山」などを上映予定。チェコと日本、世界レベルのアートアニメーションを鑑賞しよう。
また、2012年2月19日(日)には、海南市民交流センターふれあいホールに紀美野町出身の映画監督、東陽一本人を迎え、第46回ベルリン国際映画祭銀熊賞の「絵の中の僕の村」、「酔いがさめたら、うちに帰ろう」、「風音」の3作品を上映する。さらに、クロージング企画として、2012年2月25日(土)に海南市下津にあるcollineにて海南を題材にした映像作品の上映会などを企画している。前売チケットは当日と2月19日と共通で使用でき、1回・2回・3回・5回券がある。海南駅構内かいぶつくんをはじめ、和歌山市内のもくれん、紀の川市なかむら屋などで取り扱っている。

海南まちなか映像祭
日時
2012年1月15日(日)
11:00~(親子向けプログラム)
14:00~(大人向けプログラム)

場所
海南市民会館

料金(1回券)
当日大人1200円、小学生600円、
前売大人1000円、小学生500円
※2回鑑賞の場合はお得な前売(大人1500円)あり
※未就学児無料
※親子向けプログラム、大人向けプログラムそれぞれに1回券が必要
   
東陽一監督3作品上映
日時
2012年2月19日(日)11:00~

場所
海南市民交流センターふれあいホール

クロージング企画
日時
2012年2月25日(土)

場所
colline

問い合わせ
海南まちなか映像祭 実行委員会
℡080・3868・8867
kainanff@gmail.com
http://twitter.com/kainanff

Blog

ブログバナー:和歌山時々どっか

アガサスには掲載されない和歌山のネタ集。ついでに単なる趣味もあるよ。

ブログバナー:和歌山ラーメンガチンコリレーコラム

和歌山県にもご当地名産数あれど、和歌山ラーメンほど愛されているものはないかもね。

ブログバナー:梅酒

「梅酒」と言えば「紀州」と来る。そんな梅酒の国、和歌山から本場の味を発信!

バナー:設置一覧

サイドバナー:paper agasus news

サイドバナー:建てようネット

サイドバナー タウン情報全国ネットワーク

サイドバナー ベトナム航空

サイドバナー ファイブスター

サイドバナー:和歌山ビューティネット

わかやま新報バナー

サイドバナー ACTIONみやぎ

サイドバナー マチモール

トップページ プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ

「agasus PLUS!」に掲載されている全ての画像、文章のデータについて、無断転用・無断掲載をお断りいたします。 Copyright©2011 agasus. All Right Reserved.