アガサススタッフのほんの出来心

アガサススタッフの日常をお届けします。

誌面連動企画「彼女がドレスに着がえたら…」。
今回は、岩出市の田宮美沙紀さんに体験してもらいました!
19歳。10代最後の思い出作りになるでしょうか。
もちろんLITTLE CHAPEL「Jurer」さん、PHOTO STUDIO「Repos」さんのご協力です。ありがとうございます!

さて、まずは変身前の田宮さん。

まだ幼さの残る10代らしいカワイイ女の子です♡

周囲の友達もまだ未婚なので、結婚式には招ばれたことがなく、ドレスはテレビや雑誌で見る程度。
なので、ドレスを見た段階でもうテンションがアップ!

そんな田宮さん、せっかくなのでちょっぴり背伸び体験してもらおうと、
あえてマーメイドラインの大人っぽいドレスを選ぶことに。
さて、どうなるかな??

ヘア&メイク開始です。長い髪をくるくるっと巻いていきます。
メイクさんと相談して、前髪はそのままの感じを生かすことに。


同時進行でメイクも進めつつ、ヘアスタイルを整えて、最後にティアラをオン。
「これをつけたらお姫様」「わぁ♡ かわいい♡♡」女子な会話が聴こえてきましたよ。
ドレスを着て、完成した姿を見た田宮さん。感動してくれたようで、「スゴイ!」を連発です。
さて、チャペルへと移動して、撮影スタート♪

大人っぽい感じから、カワイイ感じまで、色々と撮りました。
今回はライティングをぐぐっと落とした、かなりシックなバージョンも。
可愛らしい田宮さんの表情にも落ち着いた大人の表情が見え隠れ。
こんなムードあるのもいいなぁ!と(編)も見惚れてしまいました。


そんな田宮さんの大人の表情、そして年相応のカワイイ表情、ぜんぶ公開しちゃいましょう。
本誌未公開写真たちです!

ドレスはもちろん、メイクをしてもらうというのも初体験だったそうで、
「自分では絶対できへん・笑」なんて言いつつ楽しんでもらえたのが印象的でした。

*********************

さて、今回の田宮さんのようにウェディングドレスを着て変身したいぞ~!という女子を大募集中!!
いつもと違う自分にチェンジしてみませんか?
年齢不問、無料です。

「私も着た~い!」という人は、氏名、住所、年齢、職業(学校名)と連絡がつく電話番号、
撮影希望曜日と着たい理由(必ずお願いします)を書いて、
顔が分かる写真を添付のうえdress@agasus.com「ドレスモデル係」まで。
採用の人には後日直接連絡をさしあげます。

どしどし応募待ってますね!

さて、次号予告を少しばかり。

あと10日後に発行のアガサス8月号は本日締め切りを迎えました。
クライマックスは過ぎましたが、あと少し、頑張りドコロです。

…というわけで、ちょっとだけチラ見せいたしますと、
この方が誌面に登場します!

アガサス持ってもらいました~(^-^)v

そう、最近あちこちで耳にするヒットソング「トイレの神様」の植村花菜さんです♪
顔ちっちゃくて美人さんでしたよ~。
お話しながら思わず浮き足立ってしまいました・笑。

さて、なんでこの方にインタビューしたかは25日発行のアガサスにて。
ご期待あれ!

今週、素敵なゲストが来社くださいました。

6月2日にデビューしたばかりのアーティスト、知里さんです!
デビュー曲「やさしい日々」のPRにと、千葉からはるばる来てくれたのでした。

千葉=関東圏と言うわけで、関西自体が未知の世界だという知里さん。
「大阪から電車で来ましたが、景色がどんどん変わっていって楽しかったです♪」
なんて言ってくださって。
自然の多さをさっそく感じていただけたようです(笑)

彼女の歌うのは、ジャンルで言うと歌謡曲。
これまでクラシックやポップスを歌ってきたと言うものの
ご本人は「ジャンルにとらわれず歌いたいものを歌いたい」んだそう。
デビュー曲「やさしい日々」は「ちょっと大人の女性の歌詞ですが、愛する人と別れて落ち込んでる、そんな人への応援歌になれば」と知里さん。

ところで、歌についてはもちろんながら編集(み)が注目したのは
特技が韓国語、趣味が歯磨き粉収集、というおもしろプロフィール。
これには突っ込まずにおれん。
聞くと、もともと日用品の収集が好きで、シャンプーは場所をとる、香水は高価…てはわけで、
歯磨き粉収集に落ち着いたんだそう。ちなみに韓国には留学経験があるそうな。

そんな彼女、モノゴコロついたころから歌を歌い、中2の頃にヤマハのティーンズミュージックフェスティバルで入賞歴があり、その後、クラシック音楽にはまってからは日本芸術大学の声楽家でドイツオペレッタを研究してしまう、というほど音楽の才能にあふれているのだ。他にもジャズにハワイアンに…とあらゆるジャンルを歌ってきた、なかなかの経歴の持ち主だった。

和歌山の人に向けて「和歌山は初上陸なんですが、あったかくて素敵なところ。もっといろんなところに行きたいし、いろんな人に会ってみたいと思いました。まずはお顔を覚えてもらって…な段階ですが、いつかは紅白の舞台に立つことができればと思っています。そして和歌山でもコンサートを開けるくらいビッグになりたいので、どうぞ応援よろしくお願いします」とメッセージをくれた。

目標は「人の心にスーッと入ってくる歌を歌いたい。歌謡曲はシンプルなだけに表現が重要。耳に入って自然に足を止めるような、そんな風に心にそっと入り込むような歌い手になりたいですね」。

ちなみに知里さん、千葉テレビとBSイレブンで「知里のミュージックエッセンス」という番組でパーソナリティを務めているそう。
ジャズ、クラシック、歌謡曲…と、毎回テーマを変えて、ゲストを交えた音楽の世界をくり広げているそう。BSの方が和歌山での見られるので、ぜひご覧くださいな。

「知里のミュージックエッセンス」
●千葉テレビ  毎週日曜 22:30~23:00 / 毎週土曜 10:30~11:00(再放送)
●BS11 毎週日曜 20:00~20:30 
●CS歌謡ポップチャンネル 毎週木曜日 19:00~19:30(再放送)月13:00~13:30・火22:30~23:00・水17:00~17:30
金16:30~17:00・土6:00~6:30

ちなみに、お土産にいただいたコレ。わかりますか? ワッフルせんべいに「知里」の名前♡ カワイイ!